優しさと「新型コロナワクチンと12歳」

 いよいよ新型コロナワクチンを12歳の子供たちに打ちましょう!という段階に入ってきましたね。強制的ですね。子供にはワクチンを打つ、打たないという意思はありませんからね。すべて親、大人の判断です。子供自身に選択肢はありません。本当に可哀想です。それでも「ワクチンを打たない」という選択肢をとった場合、このご時世ですから、完全に「いじめ」の対象になりますよ。親が子供に「ワクチンを打たせたくない」と思っても、学校で「いじめ」に遭うならば、やはり「ワクチンを打つ」という選択肢を選ばざるを得ない。最悪ですね。子供への接種は見送った方がいい。まだデータが1つも出ていないんですよ。今年の冬に再び新型コロナが大流行しますから、1シーズン様子をみて、ワクチンを接種した人たちと、接種しない人たちのデータを確認してからでも遅くはないですよねえ。ただでさえ新型コロナに感染した子供たちの中には死亡した子は一人もいないわけですから。子供たちの場合、つまり小学生、中学生、高校生については、感染して死亡する子はいないけれども、コロナ禍でストレスを抱え、自ら命を絶つ子供たちが激増しているわけですから、そちらの対策をとって下さい、と言いたいですね。私、間違っていますか?今回の新型コロナウイルスの親戚、20年近く前に流行したSARSウイルスのワクチン開発研究が凍結された理由はご存知だと思いますが、12歳の子どもたちに接種することは完全に動物実験ですよね。今回の新型コロナワクチンの接種は世界的な人体実験と言われていますが、実験に使われるのは我々大人たちだけで十分です。無理矢理に接種される子供たちが本当に可哀想。