優しさと「新型コロナ予防接種と解熱鎮痛剤のカロナール」

 新型コロナワクチンの接種がすすんでいますね。強制的ですが。最近、私、気になることがあります。気になるというか、「それって、おかしくね?」と思うことがあります。それは、新型コロナワクチンを接種したあと、発熱や注射部位の痛みなど、副反応が出現した時のために、「あらかじめ」医師が患者に解熱鎮痛剤を処方することです。私の近所の複数の診療所、クリニックの医師が処方していますね。まだ接種していない人にも、いつもの血圧の薬やらコレステロールの薬やらを処方するのと一緒に解熱鎮痛剤の「カロナール」が10回分くらいでています。私の母(84歳)にも処方されていました。母は近所のかかりつけ診療所へ行っていつもの血圧の薬をもらうついでに、新型コロナワクチンを予約してきました。すると、やはり「カロナール」が一緒についてきました。は?おかしくね?「念のため」に、「副反応がでたら使ってね。余ったら他の人にもあげてね」と医師から言われたそうです。「他の人にも」って、おかしくね?だいたい高齢者には副反応が若い人ほど出ないし、痛みも伴わないことが多い。薬だってタダじゃないわけですよねえ。国民の税金や保険料から支払われているわけですから、ほとんど使う必要のない薬を大盤振る舞いしてみんなに配ってどうするんですか?その薬代は私の税金ですよ。無駄遣いしないでください。予防接種する人たちみんなに処方されたらどれだけ無駄に税金が使われるんだろ?医療費を無駄に湯水のように使うのはやめてもらいたいですよね。副反応がでた時点でかかりつけ医を受診して薬をもらって下さい。お願いします。