優しさと愛すること②

 人はいつも愛されたいと思っている。人を愛したいと思うよりも、誰かに愛されたいと思っている。人から愛されて、心が満足すれば、自分も誰かを愛するようになる。そう思う。人間の心は不自由なものだ。「やさしい人とは、心が満足している人である。冷たい人とは、心が満たされていない人である。」「大切なことは、相手の心を満足させなければ相手のやさしさは出てこないということである。」これは「愛蔵版やさしい人」(加藤諦三著:PHP研究所)にでてくる言葉だ。相手の優しさを引き出すには、相手を優しい人にするには、こちらから相手の心を満足させる必要がある。まずは自分が相手に優しい思いやりをかけることが大切であるということだ。愛することも同じだと思う。まずは自分が人を愛することで、相手の心が満たされ、そして相手がこちらを愛してくれる。人に愛されたいと思うならば、まずは自分が人を愛することだ。常にそういう心をもって人に接していれば、どこへ行っても必ず相手は自分を素直に受け入れてくれるだろう。みんなが自分を愛してくれるだろう。愛されるという見返りを求めてもいけないが、時には自分の思うようにならないこともあるかもしれないが、人を愛するという生き方は間違いではないと思う。そんな気のする今日の午後だった。