優しさと「ゆるすこと」

 優しさとは、許すことだと思った。昨夜、布団の中で、ふと、思った。やさしさとは、ゆるすこと。以前の日記でも書いたかもしれない。その時は確か、愛するとはどこまでも許すこと、という言葉を使ったかもしれない。相手を思い、相手のおかれた立場を考え、相手の心を読む。相手の気持ちを察し、相手の欲するところを感じる。相手の話す言葉、相手の行動が生まれる理由を悟る。相手が悲しむ理由、相手が怒る理由。自分の思いが相手に伝わらない時がよくある。自分の思うように相手が受け止めてくれない時がよくある。そのような時は自分のことを思い直してみることが大切だと思う。相手を深く理解しているのか?自分の勝手な思いこみで相手を困らせていないか?相手を見つめる思いを、一度離れて、相手の気持ちをすべて受け入れてみる。それからだ。一呼吸おいて、「うん、それでいいんだよ」と心の中でつぶやいてみる。「頑張っているね」と。相手のすべてをゆるすことから始める。それが優しさへの第一歩。そう思った。ゆるすことができれば、すべての人を愛することができる。自分にすべてをゆるす心があったなら、あの時、相手の心を悲しませなかったろうに・・・。ごめんなさい。 今日の音楽:YouTube → 「 なごり雪 伊勢正三・イルカ・南こうせつ ベストコレクション 」