優しさと「新型コロナの接触感染とCDC」

 「接触感染においては、インフルエンザウイルスやノロウイルスよりも、新型コロナウイルスの方がよっぽど弱いウイルスです」アメリCDC疾病対策センターが医学雑誌「サイエンス」にこのような論文を発表しましたね。先日新聞にそういう記事が載っていました。だから環境消毒するなら1日1回くらいアルコール消毒すればいいですよ、と。みなさん、もうそろそろ認めましょうよ。「新型コロナは普通の風邪ウイルスですよ」と。少なくとも東アジア、特に日本では。CDCが言っているのですよ。コロナ感染者数、死亡者数が日本より圧倒的に多いアメリカ。そのアメリカに私の知人で大学の教授をしている人がいるんですよ。もちろんアメリカ人です。最近その知人は家族と一緒に楽しい海外旅行に出かけました。まだ帰国していません。なんで新型コロナの感染者数、死亡者数が日本の数十倍も多いアメリカ国民は海外旅行ができて、日本は相変わらず緊急事態宣言延長で、となりの県でさえも旅行することができないの?おかしいですね。笑うしかないですよ。飲食店など、営業自粛命令が出されて被害を受けている事業者と従業員の方たちは本気で泣いていますね。自殺もしますよ。コロナが発症して死ぬ人数より、コロナ禍でうつ病になって自殺する人の数の方が多いですね。日本の政権とメディア、そして大多数の国民は完全に気が狂っていますよ本当に。明日は「新型コロナワクチン接種による抗体依存性感染増強現象で死ぬ!」というタイトルで日記を書こうかな。

優しさと「かかりつけ医と新型コロナワクチン個別接種」

 いよいよ始まりました。というか、やっと始まったというか。私の職場の近所にある内科のクリニックさん。新型コロナ予防接種の個別接種が今日から始まりました。65歳以上の高齢者ですね。その町の場合、個別接種は、まずクリニックに電話して予約をとる。それから予約日に受診してワクチンを接種する、という流れになっているようです。でも、そんなことしたら、予約の電話が殺到して日常診療するどころの騒ぎではなくなりますよねえ?予想としては。ということで、その騒ぎが起きたようです。朝から電話が鳴りやまず、電話がつながらない!と騒ぎ出した高齢者たちが、クリニックに押し寄せました。みんな元気ですよね。「予約しようと思ったって電話がつながらないよ!」と暴動が起りそうな感じ。最近の高齢者はすぐにキレるし、礼儀作法というものを知らないですね。そんなに元気があるなら新型コロナに感染しても大丈夫だと思うのですが。結局、家に帰って電話予約してくださいと言われ、しぶしぶ帰って行ったそうな。そのクリニックに供給される新型コロナワクチンは1日2バイアル。1バイアルで6人に接種可能だから、1日12人まで予約を受け付けることができますね。高齢者のみなさん頑張ってください。ちなみに、私の町の場合、個別接種は、かかりつけ医をいつものように実際に受診して、ついでにワクチン接種の予約をしてください、ということになっておりまして、母は、いつものように血圧の薬を処方してもらうついでに、ワクチン接種の予約をしてきました。それなら予約の電話が1日中鳴りやまないということはないですね。地方行政の良し悪しがこういう細かいところに表れますね。しかし、みなさん顔が怖いですよ。予約のことで頭がいっぱいなんですね。だいたい、いま接種しても仕方がないと思うんですよね。今年の冬に再び新型コロナが大流行するのに、その時には抗体価もグッと減って、また大量に感染して、発症して、重症化すること間違いないのに。インフルエンザワクチンと同じく11月初めに接種すればいいのに。ま、いいか。

 

優しさと「新型コロナとアルコール消毒」

 「コロナ論3」(小林よしのり著:扶桑社)を読んでいる。そこに三浦瑠麗氏と小林よしのり氏の対談が掲載されている。その中の小林よしのり氏の発言「わしはアルコール消毒液が置いてあっても、強制されなきゃ絶対に使わない」に大笑いしてしまいました。私と全く同じだからです。それはアルコール消毒をすることで、せっかく自分の体を守ってくれている皮膚常在菌を殺してしまうことになるからです。その皮膚常在菌は抗菌物質なるものを放出し、皮膚全体にバリアを作ってくれています。新型コロナは細菌ではなくウイルスだから抗菌物質は効かないよ、ということではなく、現在のように常にアルコール消毒をしている状況は百害あって一利なし。詳細は割愛します。以前インフルエンザの季節のときは私もある程度アルコール消毒をしていました。「あ~常在菌が死んでしまう~」と思いながら。しかしこの新型コロナウイルスの感染拡大が始まった去年の春ごろから、アルコール消毒をしないことにしました。皮膚常在菌を身にまとって新型コロナウイルスを完全排除するためです。「正しく恐れる」とはこういうことです。もともとお風呂では体を洗いません。汗を流す程度で、ゆっくり湯船につかるだけです。それだけ皮膚常在菌を大切にしています。そのおかげで、ここ数十年かぜをひいたことがありません。もちろんインフルエンザにかかったことも一度もありません。新型コロナ対策としての現在の異常なまでのアルコール消毒は全く意味がありませんね。残念ですが。

優しさと「コロナ論3」を買った!

 「コロナ論3」を手に入れた!最高!テンションマックス!「コロナ論3」の発売を知ったのは最近のこと。19日が待ち遠しかった。昨日も「もしかして前日に本が入荷されていて発売されているのではないか?」と思い、愛車を走らせ本屋さんへ。すると店員さんが「コロナ論3の発売は明日の19日ですよ~」と。ですよねえ。その店での入荷は7冊と聞いたので、売り切れては困ると思い、早速予約をして帰宅。そして今日、仕事が休みだったので本屋さんの開店時間9時ぴったりに入店して「コロナ論3」を買った。満足。まだ読んでいない。昨日、本屋さんで「免疫入門 最強の基礎知識」(遠山祐司著:集英社新書)という本を購入したのでそれを昨夜から読んでいるために、「コロナ論3」はまだ。でもこれから読みます。少しずつ、大切に。すぐ読みたいけど、もったいないのでゆっくり読みたいというか、複雑な心境。それだけこの「コロナ論」シリーズは勉強になる。コロナ禍が続くかぎり、このシリーズの続編を発刊してほしい。新型コロナのずっと前から感染症や免疫に関する本はたくさん読んできたけれども、このコロナ禍でさらにいろいろな知識を学ぶことができたと思います。コロナに感謝。その私の結論 → コロナの予防接種はしない。ワクチンは打たない。打つ意味がない。さて、「コロナ論3」。読みます。あ~、楽しみだ。何が待っているのかなあ~。ちょびっとだけ読も。

優しさと「新型コロナワクチン接種の順番と医師」

 うちの近所にある内科のクリニック。昨年の緊急事態宣言の時あたりから町の要請で発熱外来を開設。車40台くらい入る駐車場の一角に2棟の小さなプレハブを建てた。近隣の診療所、クリニックの医師たちが風評被害を恐れて発熱した患者を受け入れないこのコロナ禍で、地域医療を担う使命感からの決断であった。それゆえ発熱した患者も遠くから来院する。保健所もそのクリニックを受診するように患者に指示しているらしい。ただでさえ日常診療で1日100人を超える患者を診察している。優しい先生なのである。だから患者がたくさん集まってくる。発熱した患者が来ると、院内ではなくプレハブに患者を待機させておく。先生と看護師さんたちはその都度コロナ感染防止のために防護服に着替える。そしてプレハブへ。診察が終わるとまた着替えて院内の診察室へもどる。その繰り返し。とにかく大変なのである。発熱外来を受診した患者数は1年で数百人?その都度PCR検査。当然、その中には新型コロナ陽性者もいますよ。で、その先生、75歳。びっくりする。世間では後期高齢者ですよ。えらいなあ。すごいなあ。でも、まだ新型コロナワクチンの予防接種の順番が回ってこない。は?おかしくないですか?町の要請で、風評被害にも耐えて、地域住民のために孤軍奮闘しているんですよ?なんでまだワクチン接種の順番が回ってこないの?おかしくない?1回目の接種は今月末らしい。行政は何を考えているのだろう。先生の体調が心配だ。とにかく優しいのだ。先生ありがとう。

 

優しさと「コロナ脳~日本人はデマに殺される~」

 漫画家小林よしのりさんと京都大学准教授宮沢孝幸さんの共著「コロナ脳~日本人はデマに殺される~」を読みました。相変わらず的を射た内容でとても素敵ですね。最高です。小林さんの著作「コロナ論」「コロナ論2」でもいろいろなことを学びましたが、今回の「コロナ脳」はさらに目から鱗のお話でした。国民の必読書ですね。医療従事者は率先して読むべきだと思います。ワクチンの強制接種に疑問をもつ医療従事者は多い。今こそ反旗を翻すときですね。インフルエンザワクチンや今回の新型コロナワクチンの予防接種がどうして効かないのか、それは少し本をひっくり返して調べれば素人でもわかることですね。昔から言ってますが、粘膜感染ですよインフルやコロナは。血液中にある抗体といつ出会うのですか?あ、「コロナ論3」が近日発売だ!本屋さんへ買いに行かなきゃ!楽しみだ~。

優しさとマスク義務化

 先日の民放テレビで日本維新の会橋下徹さんが「マスク義務化することは簡単でしょ」と声高におっしゃっていましたね。でも国民のみなさんは、あえてマスク義務化しなくても大人しくほぼ全員がマスクをしていますよね。それでもこれだけ新型コロナウイルスはまん延するのだから、マスクをしたってしなくたって関係ないですよ。感染症は流行る時は流行る。これが真実ですよ。見えない自然相手に戦いを挑む方がどうかしています。きっとウイルスたちは人間のすることを嘲笑していますよ。おかしいですよね、ほんとに。私はマスクをしません。日本人の民族性が本当に怖ろしい今日この頃です。だれかマスク義務化に異議を唱える人はいないのですかね?新型コロナワクチンの予防接種に否定的な人たちはいないのですかね?世界を見ればそれらに反対する人たちは大勢いるのに。日本だけいない。おかしいですね日本人。この精神性でまた戦争でもするのですかね?