優しさと「新型コロナワクチンと12歳」

 いよいよ新型コロナワクチンを12歳の子供たちに打ちましょう!という段階に入ってきましたね。強制的ですね。子供にはワクチンを打つ、打たないという意思はありませんからね。すべて親、大人の判断です。子供自身に選択肢はありません。本当に可哀想です。それでも「ワクチンを打たない」という選択肢をとった場合、このご時世ですから、完全に「いじめ」の対象になりますよ。親が子供に「ワクチンを打たせたくない」と思っても、学校で「いじめ」に遭うならば、やはり「ワクチンを打つ」という選択肢を選ばざるを得ない。最悪ですね。子供への接種は見送った方がいい。まだデータが1つも出ていないんですよ。今年の冬に再び新型コロナが大流行しますから、1シーズン様子をみて、ワクチンを接種した人たちと、接種しない人たちのデータを確認してからでも遅くはないですよねえ。ただでさえ新型コロナに感染した子供たちの中には死亡した子は一人もいないわけですから。子供たちの場合、つまり小学生、中学生、高校生については、感染して死亡する子はいないけれども、コロナ禍でストレスを抱え、自ら命を絶つ子供たちが激増しているわけですから、そちらの対策をとって下さい、と言いたいですね。私、間違っていますか?今回の新型コロナウイルスの親戚、20年近く前に流行したSARSウイルスのワクチン開発研究が凍結された理由はご存知だと思いますが、12歳の子どもたちに接種することは完全に動物実験ですよね。今回の新型コロナワクチンの接種は世界的な人体実験と言われていますが、実験に使われるのは我々大人たちだけで十分です。無理矢理に接種される子供たちが本当に可哀想。

 

優しさと「新型コロナワクチンと若い女性の抗体量」

 今日のテレビで、新型コロナワクチン接種による抗体産生量に関するニュースを報道していましたね。千葉大学病院での調査結果だそうです。2回接種した病院職員1774人について、ほぼ全員で抗体量が増加したとのことです。特に若い女性で増えやすい傾向だそうです!良かったですねえ!そのテレビに出演している若いスタッフたちも喜んでいる様子でした。本当に良かったです。本当に?不都合な真実を知らないから?ある意味、幸せなのかなあ。今から100年前のスペイン風邪。まあ、これはインフルエンザなんですが、当時世界で5000万人くらいこの感染症で亡くなっていますよね。第一次世界大戦で戦死した人が1000万人でしたか?その5倍くらいがスペイン風邪で亡くなっています。日本では45万人くらいでしたか?いずれにしてもアメリカの記録によれば、スペイン風邪による死者数の99%は65歳未満で、ほぼ半数が20歳から40歳までの人たちらしいですよ。以前に読んだ本の中に、確か、若い女性がかなり亡くなっていると書いてあった気がする。妊婦さんが特に死亡率が高かったような。みなさん調べてください。その本を探したけど見つかりませんでした。ごめんなさい。若い人の死亡率の高さは、例のサイトカインストームが、免疫能力の強い若者たちを急襲したとの説がありますね。あ、それから、スペイン風邪が発症して発熱した時に服用した解熱鎮痛薬のアスピリンによりサイトカインストームが出現して死に至らしめたとも言われています。解熱したことで自身の免疫能力が低下し、ウイルスが再び活性、そしてさらにそれを抑え込もうとして免疫細胞たちがいよいよ暴走し始める。こんなことが100年前に起きていたんですね。ということで、新型コロナワクチンを接種して、抗体量が増えたことを単純に喜んでいる女子たちは、もしかしたらあとで後悔するかもしれませんよ。今年の冬に再び新型コロナが大流行しますので、予防接種した人たちは気をつけてくださいね。私は傍観しているだけで何もできません。ごめんなさい。こういう情報を提供するしかできません。新型コロナワクチンを接種 → 抗体がいっぱいできる → この冬に新型コロナに感染する → 抗体依存性感染増強現象(ADE)がおきる → サイトカインストームが誘発される → 死ぬ。実際に19年前のSARSでワクチン開発をしていた時に動物実験でこの現象が起きてワクチン開発は凍結されていますよね。SARSは今回の新型コロナウイルスの親戚です。こわいこわい。

 

優しさと「新型コロナ予防接種と解熱鎮痛剤のカロナール」

 新型コロナワクチンの接種がすすんでいますね。強制的ですが。最近、私、気になることがあります。気になるというか、「それって、おかしくね?」と思うことがあります。それは、新型コロナワクチンを接種したあと、発熱や注射部位の痛みなど、副反応が出現した時のために、「あらかじめ」医師が患者に解熱鎮痛剤を処方することです。私の近所の複数の診療所、クリニックの医師が処方していますね。まだ接種していない人にも、いつもの血圧の薬やらコレステロールの薬やらを処方するのと一緒に解熱鎮痛剤の「カロナール」が10回分くらいでています。私の母(84歳)にも処方されていました。母は近所のかかりつけ診療所へ行っていつもの血圧の薬をもらうついでに、新型コロナワクチンを予約してきました。すると、やはり「カロナール」が一緒についてきました。は?おかしくね?「念のため」に、「副反応がでたら使ってね。余ったら他の人にもあげてね」と医師から言われたそうです。「他の人にも」って、おかしくね?だいたい高齢者には副反応が若い人ほど出ないし、痛みも伴わないことが多い。薬だってタダじゃないわけですよねえ。国民の税金や保険料から支払われているわけですから、ほとんど使う必要のない薬を大盤振る舞いしてみんなに配ってどうするんですか?その薬代は私の税金ですよ。無駄遣いしないでください。予防接種する人たちみんなに処方されたらどれだけ無駄に税金が使われるんだろ?医療費を無駄に湯水のように使うのはやめてもらいたいですよね。副反応がでた時点でかかりつけ医を受診して薬をもらって下さい。お願いします。

優しさと「新型コロナワクチンは重症化を防ぐ」本当に?

 「ワクチンを打てば軽くすみます」「重症化を防ぐことはできます」これって、絶対にウソだと思いませんか?絶対にウソだと思うのです。ウソでないにしても、いわゆるエビデンスやらデータなるものは存在しないのではないかと思うのです。私は以前からこのことについてモヤモヤしていました。昨日から読み始めた「手を洗いすぎてはいけない~超清潔志向が人類を滅ぼす~」(藤田紘一郎著:光文社新書)の中でも、藤田先生が「実際のところ、本当に『軽くすむ』のかどうかは、同一人物を使って適正に比べることなど科学的に不可能です。そのため、本当かどうかわからないのが事実なのです」とおっしゃっています。私もこの点についていつも疑問に思っていました。ワクチンを打ったAさんがインフルエンザや新型コロナウイルスに感染し、そして発症した時の症状を、ワクチンを打たなかったAさんが感染し、そして発症した時の症状を同時に比較することはできませんよねえ。どう思います?「エビデンスやデータはないけど、理論的に、重症化しないですよ」と言っているのですかねえ?だいたいその前に、ワクチンを接種しているのだから発症は一応しないはずですよねえ。ワクチンが100%効くことはないにしても、「重症化する」ことを前提に話をしているわけですから、やっぱりインフルエンザや新型コロナのワクチンは効かないのではないですかねえ?私、間違っていますか?インフルエンザのワクチンも、ほとんどの人が「本当に効いているの?」と疑問をもっているから、医療者側が「重症化はしないですから打ってくださいね」と言い換えているのではないですか?どう思います?

優しさと「新型コロナと人類の家畜化現象」

 新書を2冊購入しました。「手を洗いすぎてはいけない~超清潔志向が人類を滅ぼす~」(藤田紘一郎著:光文社新書)と「人体常在菌のはなし」(青木皐著:集英社新書)。まずは「手を洗いすぎてはいけない」を読み始めました。この本は2017年12月に上梓されていますから新型コロナが流行る前のものですね。「はじめに」から読み始めたわけですが、すでに納得の内容で胸が躍ります。冒頭部分から「人類の家畜化現象」についてのお話です。昔と比べてぜいたくになりすぎたこの社会が、逆に管理されすぎた環境となり、自然から切り離され、そこに住む人間たちを家畜化してしまったと。現代の人間は「家畜」としてしか生きられなくなっていると著者の藤田先生はおっしゃっています。本当にそう思います。私たちは家畜になっていますね。国家権力による完全管理の畜舎に入れられ、メディアからコロナの恐怖というエサを与えられ、全身を1日に何度もアルコール消毒し、そしてコロナうつになって自殺、殺される。ひとたび感染症が流行れば、あっという間にみんなまとめて殺処分ですよ。確かに日本人の超清潔志向がこのコロナ禍で、さらに感染症に弱い体、そして免疫能力の弱体化を招いてしまっているように私も思います。手を洗いすぎると、体を洗いすぎると、感染症に弱い、「キタナイ」状態になるという。さて、続きを読もう。楽しみです。このコロナ禍で本当にいろいろなことを学んでいます。新コロに感謝。

 

優しさと「小林よしのり脳」

 「コロナ論3」(小林よしのり著:扶桑社)を読み終えた。とても楽しい時間だった。「コロナ論3」を読む時間、それは私の至福の時、悦に入る一時。楽しすぎて早く読んでしまいたい衝動に駆られるが、早く読めばそれだけ早く楽しい時間が終わってしまう。しかし、もう読んでしまったのでつまらない。早く「コロナ論4」が発売にならないかなあ。このシリーズを4,5、6、7と続けて欲しい。そのくらい勉強になる本ですね。これは感染症学、免疫学の専門書ですよ。ものの考え方の指南書でもありますね。でもかなりの読解力が必要になるかもしれません。日々、本に接している人、本を読んでいる人でないと読み込めないかもしれませんね。しかし、この「コロナ論」シリーズから得られた素晴らしい内容、知識を周りの人たちに伝えても、ほとんどノーリアクションなんですよね。ほぼ無反応。「え?何を言っているかわかんない」という顔をする。理解できないんでしょうね。真実を見ようとしないというか、毎日のようにテレビやスマホから流れてくる新型コロナの恐怖を煽る情報に自分の脳をすべて預けてしまっているから、完全に「コロナ脳」になってしまっているんですね。自分の頭で考えようとしない。自分で真実を見つけようという意識がない。もう仕方がないですね。いろいろな本を読むことで何が真実で何が偽りなのかを自然と理解できるようになるのに。「コロナ論3」はとても良い本ですよ。私は「コロナ脳」ではなく、「小林よしのり脳」でありたい。

優しさと「新型コロナと抗体依存性感染増強現象とサイトカインストーム」

 新型コロナのワクチンを接種する→抗体ができる→新型コロナウイルスに感染する→抗体依存性感染増強現象が起きる→サイトカインストームが誘発される→ 死ぬ。このようなストーリーが現実化することはないのか?20年近く前に流行したSARSの時もそうだった気がする。それで当時のワクチン開発が凍結されたんですよね?と思っていたら、いま読んでいる「コロナ論3」(小林よしのり著:扶桑社)にも書いてあった。「特に、コロナウイルスのRNA遺伝子のように変異速度が速い場合は、抗体依存性感染増強(ADE)という現象が起こりやすい」(P215)と。今回の新型コロナウイルスは、同じコロナウイルスのSARSの親戚なので、SARS-CoV-2と呼ばれているくらいですからねえ。そのワクチン接種もかなりの危険性を秘めていると思うのですが、国民のほとんどはこんな情報を知らないですよねえ。知っていたら絶対に予防接種なんてしないですもんね。今年の冬には当然のように新型コロナが再び大流行しますが、その時、コロナワクチンを接種した人が新型コロナウイルスに感染した場合、いったいどのような現象が起きるのか?抗体価の高い状態の人が感染したら、ADEからサイトカインストームへ移行し、死んでしまうのではないか?極端な話、予防接種した人はみんな死んで、接種しなかった人たちだけが生き残る。そんな世界になること、確率はゼロではない。私はそこに注目します。いずれにしても私自身はそんな怖いワクチンを打つことはないので安心です。でも、このコロナのワクチン騒動は、世界まるごと人体実験ですよね。こわいこわい。